東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

集客率が違ってくる?ラッピングでワンランク上のキッチンカーに!

公開日:2021/10/04  


近年、店舗を持たずにキッチンカーで営業しているケースも非常に多くなってきました。とくにコロナウイルス蔓延により、店舗運営が難しく、実店舗からキッチンカーにシフトしたケースも珍しくありません。そこで、ワンランク上のキッチンカーにするべく、キッチンカーやキッチンカーのラッピングについて解説していきます。

近年、キッチンカーの需要が上昇中!

昨今、キッチンカーの需要が急激に伸びています。その背景には新型コロナウイルスの完成拡大により、店舗経営が難しくなったことが考えられるでしょう。実際、多くの飲食店が実店舗からキッチンカーに移行しているというケースもあります。キッチンカーはテイクアウトが基本なので、密にならずに店舗で提供されているものと同じものを楽しむことができるというメリットがあります。

さらに、これからキッチンカーを始める方でも低コストで開業できるのが特徴です。通常、店舗運営の場合、開業資金に500万円~1,000万円かかるのが一般的です。その他、広告費や人件費などが必要になる場合もあります。

しかし、キッチンカーであれば、300万円ほどあれば開業できてしまうのです。つまり、実店舗で開業するよりも遥かに安いコストで開業できるというメリットがあるのです。また、キッチンカーの場合、定期的に場所を変えることができるため、売り上げが伸び悩んだエリアがあれば、別のエリアに移動すればよいのです。

一方、実店舗の場合は高額な改装費などをかけてつくったにもかかわらず、エリアの判断を誤ってしまうと、簡単に場所が変えられないというデメリットがあるのです。その点、キッチンカーであれば、好きな場所に移動できるため、効率よく営業できるのが特徴です。

どうせならラッピングで周囲の目を引くオリジナルキッチンカーに!

キッチンカーを始めるには車が必要となります。従来、トラック型の車が使用されることが多かったのですが、最近では軽自動車を改造したものをキッチンカーにしているケースも少なくありません。また、キッチンカーの場合、なんといっても見た目が非常に重要となります。そのため、どうせならインパクトのあるオリジナルのキッチンカーに仕上げてみるのはいかがでしょうか。

周囲の目を引くオリジナルのキッチンカーに仕上げるには、カーラッピングという方法があります。カーラッピングとは、特殊なシートにオリジナルのデザインをプリントし、シートを車に貼り付けるというものです。シートは耐水性、耐候性に優れているため、雨が降っても問題なく使用できます。

また、基本的にどのようなデザインでも制作できるため、自身のコンセプトに合わせて作ることができます。たとえば、たこ焼き屋さんの場合であれば、インパクトのあるたこ焼きの写真やイラストをラッピングすることも可能です。さらに、タピオカドリンクの場合はタピオカやオシャレな文字などをデザインしてみるのもよいかもしれません。

カーラッピングでオリジナルのキッチンカーを作ることで、周囲の目を引きやすく、結果的に売り上げにつながるというメリットがあります。たとえば、真っ白の無地の車よりも、食べ物の絵が大きく書かれている車のほうが人目を引きますよね。

つまり、キッチンカーで事業を営むには、集客率が非常に重要ということです。そして、集客率を上げるにはキッチンカーをオリジナルのカーラッピングで装飾していくことがポイントとなるのです。

カーラッピング業者を選ぶ際に意識するべきポイント

キッチンカーをカーラッピングすることで人目を引きやすく、集客率アップにつながります。しかし、カーラッピングを依頼するにはどのような業者に頼めばよいのでしょうか。通常、カーラッピングを依頼する場合はカーラッピング専門に行っているショップに相談します。しかし、ショップによっては完成した後のクオリティに大きな差が出てしまうかもしれません。

なぜなら、カーラッピングの施工には高い技術が必要となるからです。曲線がかった車にシートを貼り付けるため、経験や技術が必要となるのです。そのため、依頼する業者によっては仕上がりに差が出たり、思っていたものと違った仕上がりになったりするなど、後悔するポイントも出てきます。

そこで、カーラッピング業者を選ぶ際に意識するべきポイントは、高い技術力と実績があるか、広告に関するノウハウがあるか、そして質のよいフィルムを使っているのかの3点があります。

技術や実績については、その業者が信頼できるかどうかに関連しているのです。過去の実績などを見て、高く評価されている業者に依頼することをおすすめします。

そして、広告に関するノウハウについては、デザインのアドバイスをもらえるというメリットがあります。もちろん、自分の好きなデザインにできますが、広告のノウハウを持っている業者であれば、集客率向上のためのアドバイスをしてくれるかもしれません。

さらに、フィルムの質も重要なポイントです。フィルムの質が悪いとすぐに剥がれたり、退色したりしてしまいます。また、中にはボディーを傷つけてしまうものもあるため、注意が必要です。そのため、カーラッピング業者を選ぶ際は実績、広告のノウハウ、そしてフィルムの質に意識することをおすすめします。

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの実店舗に影響を及ぼしています。そのため、実店舗からキッチンカーに移行したお店も少なくありません。また、キッチンカーは低コストで始められるため、挑戦しやすいという特徴があります。そして、キッチンカーで集客率には人目を引きつくカーラッピングを施工するのです。カーラッピングによって、たくさんの人から注目を浴び、多くの集客を期待できます。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む
投稿日 2022.01.15
車にさまざまなデザインのフィルムを貼ることを、カーラッピングといいます。色を変えたり、柄を入れたりできるので、カーラッピングを行うことで世界にひとつだけの車が完成するともいえるでしょう。今回
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ラッピングフィルムは、塗装よりも手軽に行えることから、宣伝カーで取り入れられることが多いです。しかし、ラッピングは手軽にできるから剥がす時も簡単だろうと思っていると、大変なことになってしまう
続きを読む
投稿日 2021.10.4
近年、店舗を持たずにキッチンカーで営業しているケースも非常に多くなってきました。とくにコロナウイルス蔓延により、店舗運営が難しく、実店舗からキッチンカーにシフトしたケースも珍しくありません。
続きを読む
投稿日 2021.11.15
東京の街を走っているトラックを見ると、きれいに広告をラッピングしているトラックを見かけることがあります。こういった広告は、ラッピング制作を生業としている業者が作成しているのですが、効果はどう
続きを読む