東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

気になる!カーラッピングをするメリットとデメリット

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/07/13

昨今、注目を浴びているカーラッピングは企業の営業車などに施工することで高い宣伝効果を得ることができます。また、愛車のドレスアップを目的としたカーラッピングも増えています。欧米では、ボディーカラーを変えたり傷が付かないように施工したりすることもあります。そこで、今回はカーラッピングをするメリットとデメリットを紹介します。

カーラッピングとは

カーラッピングとは大型プリンターを使用して特殊なシートにプリントし、そのシートで車体全体が覆われるように貼ることをいいます。もちろん、車体全体ではなく、ボディーの一部分のみに施工することも可能です。特殊なインクジェットプリンターを使用しているため、屋外での使用も問題なく耐久年数は3年~5年といわれています。ただし、紫外線による影響を少なからず受けてしまうため、定期的なワックスがけなどのメンテナンスは必要になります。

カーラッピングのメリット

カーラッピングのデザインは、コンピューターの専用ソフトを使用して作ります。そのため、自由自在にデザインを作ったり、色味を選んだりできます。また、イラストや写真、画像などもプリントできるため、幅広い用途に使用できるというのがメリットです。たとえば、企業PRや商品PR用に写真や文章などをデザインすることもできます。さらに、最近ではスマートフォンの普及により、会社ホームページのQRコードをプリントすることも増えてきています。

また、企業PRや商品PR以外にも、ボディーカラーを変えるためにカーラッピングを行うことがあります。また、メーカー純正色に希望色がない場合は、専用ソフトを使用して細かく色の調合を行うことができます。さらに、見た目をカーボン調やアルミ調、レザー調などに施工することもでき、自由度の高いデザインを再現することができます。

そして、ボディーに直接塗装するわけではないため、ラッピングシートを剥がすことで元通りにすることができるというメリットがあります。したがって、もともとの純正ボディーを傷めることなく、簡単に車体のイメージを変えられるのが特徴です。

そして、ボディー保護というメリットも備えています。カーラッピングはボディーの上に特殊なシートを貼るため、飛び石やほこり、砂などがボディーに当たっても、ラッピングシートが保護剤の役割を果たすことでボディーに直接傷が付かないというメリットがあります。カーラッピングはボディーを傷付けることなく車体に希望のデザインを施すことができるため、近年需要が高まってきているといえます。

とくに欧米では、法人だけでなく個人でもカーラッピングを採用することも増えつつあります。企業の営業車にカーラッピングを施工することで、企業PRにつながるだけでなく、インパクトのある宣伝効果の高い広告としての機能を果たします。たとえば、街中で広告を掲載するとなれば、莫大な広告費用がかかってしまいます。しかし、営業車にラッピングをして街中を走行すれば、費用を格段に抑えて多くの人の目に留まるというメリットがあります。そのため、さまざまな企業から注目を浴びている手法です。

カーラッピングのデメリット

次に、カーラッピングのデメリットについて見ていきましょう。カーラッピングのデメリットの1つとして挙げられるのが、施工費用の高さです。カーラッピングは大型プリンターを使用し、特殊なシートのプリントを行います。また、施工には特殊な技術が必要で誰でもできるわけではありません。さらに、通常の塗装よりも施工時間が多くかかってしまうため、金額が割高となってしまいます。一般的な普通車の場合は、車体全体のフルラッピングの場合で60万円~80万円が相場となっています。

さらに、耐久性についても塗装施工よりも劣ってしまいます。ラッピングの耐久年数は3年~5年といわれており、メーカーによっては耐久年数3年というところが多いです。しかし、塗装の場合は適切なメンテナンスを行うことで10年以上の耐久性があります。したがって、コストや耐久性の面で塗装よりもデメリットがあるといえます。

また、ラッピング施工車の場合、事故などによって傷や凹みなどの破損が生じた場合は一部分のみの補修ができないことが多いです。そのため、バンパーに傷がついてしまった場合はバンパー丸ごと、施工し直しということになります。カーラッピングはコストや耐久年数などのデメリットがありますが、塗装では実現できない自由度の高いデザインを施工できます。

まとめ

カーラッピングは企業の営業車に施工するだけでなく、個人の愛車に施工することもできます。高い宣伝効果を得られるだけでなく、自由度の高いオリジナルのデザインを施工できるため、愛車のドレスアップ目的にカーラッピングを施工する人も増えています。しかし、カーラッピングにはメリットとデメリットがあるため、それぞれの特徴を理解した上で施工することをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む
投稿日 2022.01.15
車にさまざまなデザインのフィルムを貼ることを、カーラッピングといいます。色を変えたり、柄を入れたりできるので、カーラッピングを行うことで世界にひとつだけの車が完成するともいえるでしょう。今回
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ラッピングフィルムは、塗装よりも手軽に行えることから、宣伝カーで取り入れられることが多いです。しかし、ラッピングは手軽にできるから剥がす時も簡単だろうと思っていると、大変なことになってしまう
続きを読む
投稿日 2021.10.4
近年、店舗を持たずにキッチンカーで営業しているケースも非常に多くなってきました。とくにコロナウイルス蔓延により、店舗運営が難しく、実店舗からキッチンカーにシフトしたケースも珍しくありません。
続きを読む
投稿日 2021.11.15
東京の街を走っているトラックを見ると、きれいに広告をラッピングしているトラックを見かけることがあります。こういった広告は、ラッピング制作を生業としている業者が作成しているのですが、効果はどう
続きを読む