東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

TAKI CORPORATION(滝興運株式会社)

オートボディプリンターでのクリアで耐久性の高い施工
会社名 滝興運株式会社
代表者 小宮山 繁
本社所在地 〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩4-9-31
TEL/FAX TEL 03-3694-1711 / FAX 03-3694-3302
資本金 28,800千円
設立 昭和44年2月
事業内容 1. 一般区域貨物自動車運送事業
2. 自動車運送取扱事業
3. 倉庫管理事業
4. エコ環境事業
5. 屋外広告事業(トラックラッピング)
※前各号に付帯する事業

TAKI CORPORATION(滝興運株式会社)は東京都に本社を持つ運送会社で、運送会社の強みを活かした車両ラッピングなどをおこなっています。コンテナから大型車までどんな大きさの車体にもラッピングができるのが特長です。

車両ラッピングはカッティングシートを用いて施工されることが多いですが、TAKI CORPORATIONではオートボディプリンターを使用しているため雨にも強く長持ちするので、長期的に利用したい方にもおすすめです。また、車両ラッピングだけではなく、ホワイトニングやアドトラック、その他さまざまな素材にプリントが可能なので、利用の幅は多岐にわたるでしょう。

TAKI CORPORATIONの公式サイトを見てみる

TAKI Corporationはここが違う!

TAKI CORPORATIONの画像2

TAKI CORPORATION低価格で高品質な車両ラッピングを提供しており、さまざまな企業から選ばれています。ここでは、低価格で提供できる理由や、他社との違い、施工動画や施工事例をご紹介します。

低価格の秘密

両面塗装で13万5,000円からという低価格でラッピングができるのは、TAKI CORPORATIONが大型オートボディプリンターを導入しているから。車両ラッピングをおこなっている会社の多くは、カッティングシートを使用した施工がメインとなっていますが、カッティングシートは人の技術力などに左右される方法ですし、時間やお金もかかります。

その点オートボディプリンターは、デザインとプリント範囲を機械に登録すれば、1クリックで自動的に塗装がスタートするので荒天時での対応やスピード対応も可能となっています。最短半日で施工完了するので、低価格を求める方はもちろんお急ぎの方にもおすすめです。

高い耐久性

カッティングシートでの施工では耐久性が1年~2年程度と言われています。更に、カッティングシートを剥がす場合、剥がし作業が困難で糊の跡が残ってしまうことも多く剥がした後の見栄えが悪くなってしまうことも珍しくありません。

オートボディプリンターでの施工であれば、クリア塗装で雨に強く、また剥がし作業も発生しないためトラックをきれいな状態のまま長期間利用することができるのです。長く利用したい企業やプリントを変更する予定がない企業にもぴったりです。

料金と注意点

耐久性があり雨にも強い、そしてスピード対応も可能な車両ラッピング。その価格は下記のようになっています。

・コンテナ 両面(2,000mm×1,500mm):14万8,500円(税込)
・2t車 両面(3,100mm×1,800mm):18万7,000円(税込)
・4t車 両面ウィング部分(6,200mm×1,800mm):30万8,000円(税込)
・大型車 両面ウィング部分(9,200mm×1,900mm):34万1,000円(税込)

ラッピング後の1~2週間は洗車を控え、その後洗車する場合も柔らかいスポンジを使用してください。お湯での洗浄や高圧洗浄機やブラシでの洗車は避けましょう。

また、別途デザインを希望される場合はデザイン費が、撤去の場合も撤去費用がかかりますのでご了承ください。

施工実績

TAKI CORPORATIONが施工をしたラッピングトラックの施工実績を紹介します。TAKI CORPORATIONは様々な企業のラッピングトラックを施工しています。

■東海汽船株式会社

引用元:https://www.ikkatsu.jp/truckad/corp/04/

最初に紹介するのが、東海汽船株式会社の新船(伊豆諸島大島行き、ジェット船の宣伝)のラッピングトラックです。4トンのウィング車の両面ウィング部分に大胆に施されたラッピングは、かなり遠くからでも目を惹きます。

実際に利用をした、担当者の方も非常に喜んでおり、トラックを見たというお客さんも非常に多かったそうです。ラッピングトラックは、とにかく大きいので安いだけでなく広告効果も抜群です。

■小笠原海運株式会社

引用元:https://www.ikkatsu.jp/truckad/corp/04/

次に紹介するのが、小笠原海運株式会社の新船(小笠原諸島大島行き、大型客船の宣伝)のラッピングトラックです。こちらは、大型ウィング車の両面ウィング部分にラッピングが施されています。同じ新船の宣伝ですが、こちらは実際の船の写真を利用しておりまた違ったデザインのラッピングトラックになっています。

実際に利用した担当者の方によると、船を利用した顧客のリストを見ると、トラックが走ったエリアの集客が少なくとも3倍に増えたそうです。確かな宣伝効果があることがわかります。

他にもTAKI CORPORATIONでは、コンテナのラッピング実績や、ホワイトニングの施工実績もある会社です。

TAKI CORPORATIONの公式サイトを見てみる

さまざまなプランを提供

TAKI CORPORATIONの画像2

車両ラッピングはもちろんですが、TAKI CORPORATIONではそれに付随したさまざまなプランも提案しています。運送会社の強みを生かしたプランなどもあるので、ぜひチェックしてみてください。

施工セットプランあり

デザイン塗装とホワイトニングをセットにしたプラン、またデザイン塗装と広告(自車トラックのみ)をセットにしたプランなども提案しています。ホワイトニング、広告それぞれの料金は下記のようになります。セットにした場合の料金については、直接お問い合わせをお願いします。

ホワイトニング
・コンテナ 両面(2,000mm×1,500mm):7万7,000円(税込)
・2t車 両面(3,100mm×1,800mm):11万円(税込)
・4t車 両面(アオリ・ウィング部分)(6,500mm×2,550mm):14万3,000円(税込)
・大型車 両面(アオリ・ウィング部分)(9,600mm×2,500mm):19万8,000円(税込)
ホワイト以外のカラーは別途ご相談ください。

広告(アドトラック)
・4t車 両面ウィング部分(6,200mm×1,800mm):8万2,500円/月(税込)
・大型車 両面ウィング部分(9,200mm×1,900mm):10万4,500円/月(税込)
アドトラックは年間契約となります。短期間の場合は別途ご相談ください。

運送会社の強みを生かしたサービス

長く運送事業を展開してきたTAKI CORPORATIONは、これまでの実績や同業者との絆により現在では関東だけではなく、関西や北陸、東北エリアの協力会社と連携し全国への長距離輸送も対応しています。

そんな運送会社の強みを生かし、納入先や積込先にパンフレットなどを配布するといったサービスの提供をおこなうことができるのです。車両ラッピングだけではなく、さらに自社やイベントなどの宣伝をしたいという企業の方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

トラック貸し出しもOK

イベント時には自車トラック塗装のみとなりますが、トラックの貸出もおこなっています。トラックを持っていない企業やイベントの際に役立てることができるはずです。下記は都内23区エリアの貸出費となります。

・4t車:4万4,000円/日(税込)
・大型車:6万500円/日(税込)

車両引取りサービスがスタート

TAKI CORPORATIONでは、2021年6月より車両の引取りサービスを開始。ラッピングをしたいけれど「持っていく時間がない」「持っていくのがめんどくさい」という人も気軽に利用できるようになりました。

対応エリアは東京都の23区外。対応車両は軽~大型(トレーラー不可)までとなっています。

引取りから納車まで、TAKI CORPORATIONのスタッフが行ってくれるので非常に便利ですね。その他のエリアも対応が可能なようなので、気になる方はぜひ相談してみてください。

金額一覧

23区内 23区外
大型車 6万6,000円 8万2,500円
中型車 6万500円 7万7,000円
普通車 5万8,300円 7万4,800円
軽自動車 5万5,000円 7万1,500円

※上記は税込み価格になります

トラックだけじゃない!

TAKI CORPORATIONの画像4

TAKI CORPORATIONで使用しているオートプリンターは、車両だけではなくさまざまな材質にも対応しています。木材からアクリル、またガラスやホワイトボード、そして布など用途に合わせたさまざまな素材に塗装することができます。

カフェなどのインテリアに使用する木材、店舗のインテリアなどに使用するガラス、贈答用タオル、看板など、これ以外にも幅広い使い方が可能なので、大型の塗装を考えている方はぜひ一度ご相談ください。

また、公式サイトにはさまざまな素材に塗装された例なども掲載されているので、どのようなイメージで塗装されるのか知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

まずはお問い合わせをしてみよう

コンテナやトラックから木材、布など幅広い素材へのプリントを低価格、そして高品質で提供しているTAKI CORPORATIONに塗装を依頼したいと思ったら、まずは公式サイトなどからお問い合わせをしてみましょう。

これまでカッティングシートでの車両ラッピングで満足できなかったという企業の方も、ぜひ大型オートボディプリンターを使用した塗装を体験し、その品質を体験してみてください。

TAKI CORPORATIONの公式サイトを見てみる
SEARCH

新着記事

投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む
投稿日 2022.01.15
車にさまざまなデザインのフィルムを貼ることを、カーラッピングといいます。色を変えたり、柄を入れたりできるので、カーラッピングを行うことで世界にひとつだけの車が完成するともいえるでしょう。今回
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ラッピングフィルムは、塗装よりも手軽に行えることから、宣伝カーで取り入れられることが多いです。しかし、ラッピングは手軽にできるから剥がす時も簡単だろうと思っていると、大変なことになってしまう
続きを読む
投稿日 2021.10.4
近年、店舗を持たずにキッチンカーで営業しているケースも非常に多くなってきました。とくにコロナウイルス蔓延により、店舗運営が難しく、実店舗からキッチンカーにシフトしたケースも珍しくありません。
続きを読む
投稿日 2021.11.15
東京の街を走っているトラックを見ると、きれいに広告をラッピングしているトラックを見かけることがあります。こういった広告は、ラッピング制作を生業としている業者が作成しているのですが、効果はどう
続きを読む