東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

のらいも工房の口コミや評判

公開日:2021/07/15  最終更新日:2022/07/19

【詳細】
店舗名:のらいも工房
住所:神奈川県川崎市宮前区東有馬3-15-4
TEL:044-820-6137※ご来店は完全予約制となっております。

のらいも工房は乗用車やバス、大型トラック、トレーラーなどの施工を行っている会社です。宣伝用のラッピングトラックやトレーラー、イベント車両やモーターホームなど用途に合わせた施工も行います。のらいも工房は打ち合わせから施工まで自社にてワンストップで行います。この記事では、のらいも工房の特徴をご紹介します。

用途に合わせて施工

のらいも工房は用途に合わせた施工が可能です。施工例としては、以下のものがあります。

・スプラトゥーントラック
・東京ミステリーサーカス謎解きトラック
・イベントステージ用ラッピングトラック

イベント用の宣伝トラックも施工可能です。

・カーラッピング
・フルラッピング
・フルカラーステッカー制作
・痛チャリ

車だけじゃなく高品質なチャリ制作も行っています。カーラッピング専門店なのでクオリティも高く、細部まで施工できます。コルゲート仕様の車両の施工も可能です。クライアントの要望で細かく調整も行います。

公式許諾で使いたい画像が使える

好きなキャラクターで痛車や痛チャリを作りたいと思っている方も多いです。しかし、欲しい画像がなくてお気に入りの車を作れないと困っていませんか?のらいも工房では、版元よりデータ提供と使用許可を取得しています。画像があっても許可を得ないまま使用できません。のらいも工房では版元と直接契約をしてイラストの使用特許、データの提供を受け付けます。使用したい画像があれば打ち合わせの際にじっくり話を聞き打ち合わせをして版元よりデータの提供、使用承諾を行い痛車や痛チャリの制作を行います。

お客様ひとりひとりに合わせたオーダーメイド

痛車のデザインはすべて同じものではありません。お客様ひとりひとりに合わせてオーダーメイドするので必要になる資料が異なる場合があります。打ち合わせでは都度、内容を確認し納得いく内容のデザイン作成を行います。希望の画像がある際も打ち合わせでヒアリングしデータ使用許可ものらいも工房で取得するので安心です。

高品質なデザイン製作

のらいも工房では高品質なデザインの制作を行っています。高品質なデザイン制作が行われる流れをご紹介します。

打ち合わせ

痛車のデザインは複雑です。

・キャラクター
・作品の世界観
・車の形状

痛車を制作する時にはさまざまな要素を考慮します。お客様のデザインの方向性を打ち合わせではしっかり行います。

打ち合わせの資料

・施工車両
・イラスト素材
・ロゴなどの素材
・デザインイメージ

打ち合わせではお客様の要望を理解するために、上記の資料を用意してもらいます。車両の採寸をし、必要に応じて型採りを行います。デザインイメージの共有を行い、見積もりに了承なら契約の手続きをします。

デザイン制作の期間

デザインの制作期間は時期や内容により変わります。車両全体にデザインする場合にはデザイン制作期間で1ヶ月~1ヶ月半前後です。デザイン校正を行い、確定したらステッカーの準備に入ります。

高品質なカッティングステッカー

のらいも工房では高品質なカッティングステッカーの取り扱いも行っています。フルカラーとは違った、単色だからこそ出せる味のある仕上がりになります。カッティングステッカーは単色の塩ビ粘着シートを機械で切り抜いて制作します。文字やイラストだけを張り付けるステッカーです。のらいも工房では張り付ける場所や用途にあった最適な素材を提案するので、サイズやカラーによって使用するシートが違います。

・オラカル641(最大カット幅340mm、屋外で使用できる標準的なタイプ)
・オラカル651(最大カット幅580mm、耐久性に強く緩曲面にも対応)
・3M-Jシリーズ(最大カット幅970mm、白黒以外のカラー)
・ダイナカルプラス(最大幅970mm、白黒のみ、マット対応)

サイズの小さなロゴや文字のステッカーに適しているフィルム、屋外耐候性が高いもの、カラーのバリエーションが豊富なフィルムなど大きさなどで素材を厳選します。また、大判サイズにも対応したフィルムもあります。

痛チャリ

お気に入りの画像は車だけやなく、自転車にも活用できます。高品質な痛チャリを制作可能です。痛チャリを作る際には自分の自転車にあったホイールカバーを用意し、画像データを入稿します。イラストレーターなどの画像ソフトがなくても簡単にステッカーの注文が可能です。画像データの入稿の際に、カットする直径サイズを指定するだけで高品質なステッカーが完成します。のらいも工房では痛チャリのステッカー製作と一緒にホイールカバーの販売も行っています。別々の注文が面倒な方には便利です。

 

のらいも工房の特徴をご紹介しました。オリジナルのステッカーや痛車、痛チャリの制作依頼をしたい方にピッタリの会社です。打ち合わせから施工までワンストップで依頼できるので利用しやすいですね。カーラッピング専門店なので施工が難しい仕様の車両も取り扱っています。クオリティも高く、イベント車両やモーターホームなど用途に合わせた施工が可能なので安心です。カーラッピング、フルラッピング、フルカラーステッカー、ペイントプロテクションフィルム施工も行っています。高級車のボディ保護を行い方にもおすすめです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む
投稿日 2022.01.15
車にさまざまなデザインのフィルムを貼ることを、カーラッピングといいます。色を変えたり、柄を入れたりできるので、カーラッピングを行うことで世界にひとつだけの車が完成するともいえるでしょう。今回
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ラッピングフィルムは、塗装よりも手軽に行えることから、宣伝カーで取り入れられることが多いです。しかし、ラッピングは手軽にできるから剥がす時も簡単だろうと思っていると、大変なことになってしまう
続きを読む
投稿日 2021.10.4
近年、店舗を持たずにキッチンカーで営業しているケースも非常に多くなってきました。とくにコロナウイルス蔓延により、店舗運営が難しく、実店舗からキッチンカーにシフトしたケースも珍しくありません。
続きを読む
投稿日 2021.11.15
東京の街を走っているトラックを見ると、きれいに広告をラッピングしているトラックを見かけることがあります。こういった広告は、ラッピング制作を生業としている業者が作成しているのですが、効果はどう
続きを読む