東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

アドトラックとラッピングトラックの違いとは

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/07/13

荷台に広告がラッピングされたトラックを見かけたことがありますか。とても目立つので走っていると印象に残ります。広告が印刷されたトラックは「アドトラック」、「ラッピングトラック」と呼ばれています。どちらも広告をラッピングされたトラックですが違いがあります。この記事では、アドトラックとラッピングトラックの違いをご紹介します。

アドトラックとは

アドトラックとはどんなトラックなのでしょうか。特徴やメリットデメリットを解説します。

アドトラックの特徴

トラックの荷台にラッピングした車を走らせることで宣伝やプロモーションを行います。広告は派手で目を惹くようにできています。このトラックの特徴はナレーションや音楽を流すことのできる音響設備があることです。広告面を照明で光らせることもできます。広告だけじゃなく光や音も使い宣伝やプロモーションができるため、昼、夜問わずに視覚、聴覚に訴えかけることができます。

メリット

アドトラックにはさまざまなメリットがあります。

・狙ったターゲットに合わせて走ることができる
アドトラックは宣伝やプロモーション用に作られることが多いので、ターゲットに合わせて走ることができます。ターゲットの多い年齢層が集まる場所を狙ったルート設定をすれば、移動しながらのプロモーションを効率的に行うことができます。短時間で効率よく宣伝ができるのもメリットです。

・音と光でより注目を集めることができる
音楽やナレーションだけじゃなく光を使ってプロモーションが可能です。より視覚的に訴えかけられるため、宣伝効果を高めることができます。

・全国でのPRに向いている
移動しながらの宣伝が可能なので、全国PRもできます。アドトラックはさまざまなPRや地域限定のイベントの宣伝に向いています。

・多ジャンルのPRが可能
アドトラックを利用すれば、アーティストの新譜リリースやライブ告知、映画の告知や新規オープンの店舗情報など、多ジャンルのPRが可能です。さまざまなジャンルの広告に向いているため、目的に合わせて活用しやすいです。

デメリット

アドトラックにはデメリットもあります。

・人によっては不快に思うこともある
アドトラックは大きな音を流しながら走るため、宣伝する内容によっては不快に思う方もいます。また、パチンコや高収入バイトの求人などの仕事内容の宣伝は、よい印象を持つ方は少ないです。

ラッピングトラックとは

次に、ラッピングトラックについてです。

ラッピングトラックの特徴

ラッピングトラックは、トラックの荷台部分に広告が印刷されているトラックの事です。自社で所有しているトラックに広告をプリントし、広告を行います。アドトラックのように内部照明や音響設備はついていません。荷物を運ぶためのトラックにラッピングしたものがラッピングトラックです。

メリット

ラッピングトラックにはメリットがあります。

・自社所有のトラックを広告塔にできる
自社で所有している車両にラッピングするだけで、移動広告塔になります。販売販促PRなどにも活用できます。

・長距離移動すれば全国で観光、企業PRが可能
長距離を移動するトラックにラッピングを施せば、全国PRもできます。全国を走れば地域観光情報や自社の製品、企業ブランドイメージPRも可能です。

デメリット

ラッピングトラックには、デメリットもあります。

・あまり注目されない
ラッピングトラックは、アドトラックのように音や光などを使いません。そのため、デザイン性だけで注目を集めるという意味では注目度は低くなります。

・ターゲットに合わせて走行できない
ラッピングトラックは宣伝目的の車ではありません。ラッピングトラックのメインの仕事は、トラックで荷物を運ぶことです。そのため、走行時間などを考えてターゲットを絞り、広告のためだけに走られることはできません。

アドトラックとラッピングトラックの違い

アドトラックとラッピングトラックは似ているようで違いがあります。

音響設備があるかないか

アドトラックには音響設備や照明があり、ラッピングトラックにはありません。アドトラックは宣伝するためのトラックなので、ラッピングトラックに比べると多ジャンルの広告に向いています。

ルートの違い

ラッピングトラックは荷物を運ぶトラックに広告を掲げているので、宣伝ルートを選べません。アドトラックは広告目的なのでルートを選べるところにも違いがあります。

さまざまな規制

アドトラックには以下のような規制があります。

・屋外広告物条例施行規則
・拡声器暴走音規制条例
・道路通行許可申請

屋外広告物条例施行規則は、公益社団法人『東京屋外広告協会』によってアドトラックの審査を行っています。不適切な広告を用いていると判断されれば走行許可が下りません。この規制は、他県ナンバーは適応されません。拡声器暴走音規制条例は、各都道府県により規定されています。自治体ごとに少しずつ違いがありますが、内容はほとんど同じです。

条例では『爆走音を対象物から10m以上離れた地点で測定した時に音量が85デシベルを超える音』としています。これを超えない音量で走行しないと条例に引っ掛かります。

アドトラックはプロモーションを行いながら走ります。その場合、道路通行許可申請が必要になります。運行を予定しているエリアの管轄の警察署で手続きを行います。基本的には広告主が申請を行いますが、代行する業者もあります。アドトラックは規制がありますが、ラッピングトラックは音響設備や照明がないので規制等で申請することはありません

 

アドトラックとラッピングトラックの違いをご紹介致しました。広告をのせることでPRをできる点はアドトラックもラッピングトラックも同じです。利用用途の幅はアドトラックの方が広いですが、音や光を用いるため、条例についても考えなければいけません。どちらも上手く活用することでよりよいPRにつなげることができます。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
街中や大型ショッピングセンターなどで、ラッピングトラックを見かけられた方も多いのではないでしょうか。「どうやってラッピングしているの?」「広告掲載には規定はないの?」など、さまざまな疑問を持
続きを読む
投稿日 2022.10.15
東京でラッピンググトラック制作を検討している人は、トラックの美しさを長く保つためにも、手入れや扱いの注意点を知っておくと安心です。ラッピングトラックの手入れについて、洗車の際の注意点や、コー
続きを読む
投稿日 2022.09.15
カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの
続きを読む
投稿日 2022.08.15
近年、車のボディを保護するためにカーラッピングを施工することが増えてきました。さらに、広告目的や車の外観イメージを変えるために塗装ではなくカーラッピングを施すことも多いでしょう。そこで、今回
続きを読む
投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む