東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

知っておきたい!ラッピングトラックを依頼するときの相場

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/07/13

走っているだけで宣伝効果が大きいのがラッピングトラック。しかし、ラッピングトラックがどのくらいのコストをかければ作ることができるか、あまり知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、ラッピングトラックを依頼する時の相場について紹介します。さらに、注文から納品までどのくらいの期間がかかるのかについても説明します。

ラッピングトラックの概要と施工依頼をするときの費用相場

最近、街中でよく見かけるようになったラッピングトラックは、さまざまな企業から注目を浴びています。運送会社は、他社の広告を掲載して輸送するだけで広告収入を得ることができます。また、自社PRのためにトラック全面に企業アピール広告を掲載することも可能です。

たとえば、人が多く集まる街中に広告を掲載しようとすると、莫大な広告費用がかかってしまいます。しかし、ラッピングトラックの場合はトラックに広告内容をプリントしてあるため、トラックが通れるルート上であれば、どこでも宣伝できるというメリットがあります。そして、高速道路のサービスエリアでは駐車しているだけで多くの人の目に留まるため、非常に高い宣伝効果を得ることができます。

しかし、ラッピングトラックを作るにはどれくらいの費用がかかるのか、わからない人も多いでしょう。そこで、実際に依頼した場合の相場について紹介します。

■2t標準サイズ
2tトラックの場合は左右2面施行で13万円~となり、左右2面と後ろ1面の3面では18万円~が相場となります。このほか、デザインデータ作成費やデザイン料などがかかることもあります。

■4t標準サイズ
4t標準サイズでは縦2.5m×横6m×幅2.5mサイズを目安としており、左右2面施行の場合は28万円~、3面施行の場合は33万円~が相場です。4tロングなどの場合は追加費用がかかることがあるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

■10t標準サイズ
10t標準サイズのトラックは縦3m×10m×幅2.5mサイズを目安としており、左右2面施行で42万円~、3面施行で48万円~が相場です。10tトラックの場合は、施工面積が増えるため金額が高くなりますが、施工面積が多い分、高い宣伝効果を得ることができます。

ハイエースクラス
トラック以外にもハイエースなどのバンに施工できます。ハイエースクラスサイズでは左右2面施行で16万円~、3面施行で21万円~が相場です。

注文から納品されるまでの日数はどれくらい?

それでは、次にラッピングトラックを注文してから納品されるまでの日数を見ていきましょう。まず、ラッピングトラック製作会社に問い合わせを行い、デザインや施工箇所の打ち合わせを行います。その際、希望のデザインがあればしっかりとデザイン案を伝えましょう。

もし、デザインが決まっていない場合やどのようなデザインがよいかわからない場合は、製作会社がデザインを提案してくれることがあります。また、製作会社の中には企画から相談に乗ってくれるところも多く、1からラッピングトラックを作り上げることができます。

通常、ラッピングトラックが納品されるまで、打ち合わせの期間やデザイン制作期間を含めて1ヶ月~2ヶ月かかり、実際の施工期間は3日~4日となります。また、施工を依頼する場合は製作会社にトラックを持ち込むか、トラックを引き取りに来てもらう必要があります。

輸送時間を考慮すると、トラックを引き渡してから納品まで4日~5日くらいが目安となっています。近くに製作会社がある場合は輸送に時間がかからないため、3日~4日で納車されることが一般的です。

見積もりを比較することが大切

ラッピングトラックを依頼する際は、複数社から見積もりを取ることが大切です。製作会社によって見積もりが大きく変わることもあるため、見積もりを比較してどこに依頼するかを決めることをおすすめします。

また、製作会社によっては対応できないボディサイズがあったり、施工できない箇所があったりします。とくに、天井の場合はラッピング機械が使用できないため、施工できない場合もあります。ただし、製作会社の中にはカッティングステッカーなどを使用して天井にもラッピングを行うことができるところもあるため、施工内容や見積もり内容を比較し、どこの製作会社に依頼するか決めるようにしましょう。

また、デザインを1から製作する場合はラッピング施工費とは別にデザイン料がかかります。デザイン料についても各社それぞれ金額が異なるため、打ち合わせの段階でどれくらいの金額になるのかを確認しておくことをおすすめします。さらに、施工箇所の形状によってはオプション費がかかることもあるので、オプション設定の有無についても確認しておくことが大切です。

まとめ

昨今、街中でよく見かけるラッピングトラックですが、人が多いところを走ることができ、高い宣伝効果を期待できます。ラッピングトラックの施工費はトラックの大きさや施工箇所によって大きく異なります。また、デザインを1から製作する場合は施工費とは別にデザイン料がかかります。その他、オプションの有無や陸送費についても製作会社によって異なるため、複数社から見積もりを取って確認してみましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
街中や大型ショッピングセンターなどで、ラッピングトラックを見かけられた方も多いのではないでしょうか。「どうやってラッピングしているの?」「広告掲載には規定はないの?」など、さまざまな疑問を持
続きを読む
投稿日 2022.10.15
東京でラッピンググトラック制作を検討している人は、トラックの美しさを長く保つためにも、手入れや扱いの注意点を知っておくと安心です。ラッピングトラックの手入れについて、洗車の際の注意点や、コー
続きを読む
投稿日 2022.09.15
カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの
続きを読む
投稿日 2022.08.15
近年、車のボディを保護するためにカーラッピングを施工することが増えてきました。さらに、広告目的や車の外観イメージを変えるために塗装ではなくカーラッピングを施すことも多いでしょう。そこで、今回
続きを読む
投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む