東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

東京都でおすすめのラッピング(デザイン)トラック制作業者を紹介します!


お店やサービス、商品の宣伝を幅広く効果的にしたい!そんなときにおすすめなのがラッピングトラックです。確実に人の目に触れ、多くの人の印象に残る宣伝をしたいのなら、ラッピングトラックを利用してみましょう。


このサイトでは、ラッピングトラックがどのようなものなのか、またラッピングトラックのデザインのコツや制作会社の選び方など、さまざまな部分に焦点を当ててご紹介します。ラッピングトラックについてまずは知っていきましょう。


ラッピングトラックで宣伝をする上で欠かせないのが、ラッピングトラックの制作会社です。サイト内では。webアンケートの結果をもとに、東京でおすすめのラッピングトラック制作会社をランキング形式でご紹介し、サービスの比較をしているのでぜひ参考にしてください。

東京都でおすすめのラッピングトラック制作業者ランキング一覧!

オートボディプリンターでのクリアで耐久性の高い施工
TAKI CORPORATION(滝興運株式会社)は、大型オートボディプリンターを用いた低価格で高品質な車両ラッピングを提供している会社です。大型車も対応可能で、最短半日のスピード施工も対応しています。

車両以外へのさまざまな素材への塗装もできるので、幅広い場面で活用できます。また、運送会社ならではの強みを活かした宣伝活動など、ラッピングだけでは生み出せない価値を提供してくれるでしょう。
TAKI CORPORATIONの強み

低価格で高品質な大型オートボディプリンターでの塗装!価格を抑えながらも長持ちする車両ラッピングがしたいという方におすすめ!

TAKI CORPORATION(滝興運株式会社)の基本情報

特長
低価格で高品質のオートプリンターを使用
施工方法
オートボディプリンター
価格
コンテナ 両面(2,000mm×1,500mm):13万5,000円~
対応素材
コンテナ、2t車、4t車、大型車、キッチンカー、移動販売車、木材、布、アクリル板、ガラス など
お客様の必要な情報をリサーチし、最適なアドバイス
YMG1は、車両のラッピングに求められるリサーチやデザイン、またプランニングから運行・管理まであらゆる部分をサポートしてくれる会社です。より効果的に宣伝するための方法を提案してくれるので、初めてラッピングカーを使用する企業も安心です。

また、3M保証プログラムによって品質保証されているので、万が一加工や施工に問題が合った場合もしっかりと保証してくれます。
YMG1の強み

ラッピングカーに要求されるすべてをサポート!的確なアドバイスやコンサルティングを受けながらラッピングカーを使用したい方におすすめ!

YMG1の基本情報

特長
ラッピングカーに要求される、すべてをサポート
施工方法
カッティングシート
価格
不明
対応素材
営業・配送車両、バス、ボート など
創業56年、3,000件以上の施工実績で安心!
星光商会は、創業56年、これまでに3,000件以上のプリントや塗装などの施工をおこなってきた実績のある会社です。企画からデザイン、設計、印刷、加工、施工、アフターケアまで一貫して対応しており、全て任せられるので安心です。

素材選びから印刷方法、加工技術など見た目では分からない細部にもこだわり最適な品質を提供しています。
星光商会の強み

デザインから施工まで一貫して対応!多くの実績がある会社に塗装してもらいたいという方におすすめ!

星光商会の基本情報

特長
ISO国際規格取得で品質が保証されている
施工方法
カッティングシート
価格
不明
対応素材
社用車・営業車、トラック、タクシー、特殊車両 など
デザインから施工までワンストップ対応!
デコラティブシステムは、数多くの車両マーキング/車両ラッピングをおこなってきた会社で、雨、風、高温、低温など過酷な条件下でも高い耐久性を発揮する3M製の高品質フィルムを使用しています。

企画からデザイン、制作や施工まで一貫して対応しているのでデザインができない企業の方でも安心して利用することができるでしょう。
デコラティブシステムの強み

デザインから施工までワンストップ対応!全国どこでも同一品質だから、都内周辺以外の方にもおすすめ!

デコラティブシステムの基本情報

特長
デザインから施工までワンストップ対応
施工方法
カッティングシート
価格
不明
対応素材
営業者、トラック、バス など
施工実績は8,000台以上!プロの技術と確かな実績
プラン・エディターズは、車両広告装飾事業はもちろん、屋外・屋内広告装飾や情報サービス、ソフト・システム開発、Web・動画・CG制作などさまざまな業務を展開している会社です。

これまでに8,000台以上のカーマーキングやラッピングをおこなってきた実績があり、デザインにも自信があるため依頼の車種にあった訴求力の高いデザインで宣伝をサポートします。
プラン・エディターズの強み

8,000台以上の経験・実績!デザインから施工まで一環対応だから一社にすべて任せたい方におすすめ!

プラン・エディターズの基本情報

特長
施工実績8,000台以上
施工方法
カッティングシート、グラフィックシート、3M™コントロールタック
価格
軽自動車:カッティングシート8万5,000円(施工費込) など
対応素材
バス、地下鉄、社用車、ADトラック など

幅広い年齢や客層に向けてお店やサービスの宣伝を効果的にしたいと思っている企業の方は多いはずです。そんな希望を叶えてくれるラッピングカーは、まだまだ知られていない宣伝方法の1つ。インパクト大のワクワクするような広告で、あなたの企業やお店のイメージアップを図りましょう!

街中を走るラッピングトラックやアドトラック、どれくらい印象に残ってる?アンケートで大調査!


会社の紹介がラッピングされたもの、やたらデカい音楽をかけて走るもの、キャラクターが印刷されていてゲームの宣伝が書かれているものなど、最近やたら目立つトラックが街中を駆け巡っているように思います。私は結構そういうのを目で追いかけてしまうたちで、中にはすごく印象に残っているものもいくつかあります。

ラッピングトラックやアドトラックは結構目立つので多くの人の注目を浴びているように思うのですが、実際のところ他の人は印象に残っているものなのでしょうか?

今回そんな疑問に対して、当サイトでWEBアンケートをおこない、どれくらい街のみなさんの印象に残っているものなのか、調査をしたので紹介したいと思います。

東京 ラッピングトラック制作についてのアンケート結果画像1

「ラッピングトラックやアドトラックを見かけたらどれくらい印象に残りますか?」という質問に対し、「すごく印象に残る」と答えた人は12%、「少し印象に残る」が43%、「あまり印象に残らない」が26%、「ほとんど印象に残らない」が19%といったでした。

個人的には印象に残っている人の数が、思っていたよりやや少ないかなといったところでしたが、それでも半数以上の人の記憶に残っているという結果となりました。ただ、都心や地方などで走っているトラックの種類も違ってくるので、あくまでも今回の調査では…といった形になります。

冒頭でも触れましたが、走っているトラックの種類も違えばそれで与える印象も異なってきます。いい会社イメージを与え、購買意欲を促進させるには、当然デザイン設計およびラッピング業者の選定が重要となってきます。

満足のいくラッピングトラック制作のために、ラッピングトラックのノウハウについてご紹介していこうと思うので、ぜひ制作に役立ててもらえると嬉しいです。

ラッピング(デザイン)トラックとアドトラックは違うもの


ラッピング(デザイン)トラックとアドトラックは違うもの
多くの人の目に触れて高い宣伝効果を発揮するラッピングトラックですが、似ている宣伝方法として「アドトラック」があります。ここでは、ラッピングトラックとアドトラックの違いやラッピングトラックのメリットについてご紹介します。

ラッピング(デザイン)トラックとは?

ラッピングトラックは、デザイントラックと呼ばれることもある宣伝方法で、名前の通りトラックを使った広告のことを指します。多くの人にインパクトを与え、興味を示してもらえるようなデザインや商品の内容などをトラックのボディ全体にプリントし、企業や商品のPRなどをおこなうものです。

自社で所有し、実際に仕事に使っているようなトラックにラッピングされることが多く、営業車や運搬車などすでにある役割に広告をプラスするというイメージです。通常業務をしているだけで宣伝ができるので、導入する企業も増えています。

アドトラックとは?

ラッピングトラックと混同されがちな、アドトラックというのはどういうものなのでしょうか。トラックのボディに広告やデザインを印刷してどうこうし、企業や商品などの宣伝をするという目的は同じですが、アドトラックの場合は荷物や人を運ぶことを目的としていません。

いわば、宣伝のためだけに走っているトラックであり、大きな違いとしては音楽やナレーションなどを流せる音響設備が搭載されていることです。また、広告の内側に設置された照明で広告面を光らせることも可能で、視覚だけでなく聴覚にも訴える移動宣伝媒体となっています。

トラック広告にはメリットがいっぱい

そんなトラック広告には、実はたくさんのメリットがあります。ラッピングトラックの場合は、通常の業務をしているだけで同時に宣伝ができるため、余計な費用をかけないPRが可能でコストパフォーマンスに優れています。

また、限られた地域だけではなく長距離移動のトラックであれば全国へ移動しながらPRができ、さらに企業のブランドイメージ戦略などにも活用することができるでしょう。そして、地域の観光情報を打ち出すことで観光客の誘致などをおこなうこともでき、地域の方に喜ばれるというメリットもあります。

さらに、トラックにきれいなデザインが施されているため、できるだけトラック自体も綺麗に保とうという意識が芽生えやすく、また通常の状態に比べて汚れが目立ちにくいためお手入れが簡単になることもあるでしょう。

そして、多くの人に見られている、企業の広告を背負っているという観点から、ドライバーは安全運転や事故防止、また運転マナーやモラルの向上などに強く意識を持ちながら働けるようになる可能性が高く、企業としても嬉しい効果を期待できるでしょう。

トラック広告によって企業や商品などのイメージがアップすることで、将来的にドライバーになりたいという子供やドライバーに興味を持つ若者が増える可能性もあり、今だけではなく未来の利益にも繋がるのが広告トラックなのです。

  • トラックにラッピングをして広告をするとうい点ではどちらも同じ
  • ラッピングトラックはもともと企業で持っているトラックを利用するのが基本
  • トラック広告はさまざまなメリットを生み出す最高の宣伝方法

ラッピング(デザイン)トラック制作における方法の違い


ラッピング(デザイン)トラック制作における方法の違い
企業や商品のPR方法として、とても効率的なラッピングトラックですが、実はその制作方法には2つの種類があります。ここでは、それぞれの制作方法についてご紹介していくので、その違いを知っていきましょう。

オートボディプリンターを使ってのラッピング

オートボディプリンターというのは、トラックはもちろんさまざまなものに直接デザインをプリントできる大型の印刷機です。メタルやプラスチック、またガラスやレンガなどの素材にもプリントが可能で、紫外線に強く速乾性のあるインクでインクジェット式のプリントを施すことができます。

特徴としては、デコボコした面へのプリントも可能で、板金などがデコボコしているトラックでも問題なく印刷できるほか、専用の溶剤を使えば簡単にプリントを消すことができることが挙げられます。何度でも新しいデザインに生まれ変わらせることができるので、頻繁に内容を変えたい、定期的にデザインを変えて目新しさを出したいという場合に向いています。

カッティングシートを使ってのラッピング

もう1つの制作方法が、カッティングシートを利用したものです。カッティングシートでの制作は、デザインを一度専用のシートに印刷し、そのシートを車体に貼り付けていく方法で全面へのラッピングも、部分的なラッピングも可能となっています。

シートを貼る際は車とシートの間に空気が入らないよう、最新の注意を払いながら丁寧におこない、部分的にヒートガンを使いながら形成し仕上げていきます。とても粘着力が高く、なかなか剥がれないという特徴があるので、長期的に同じデザインを利用したいという場合に向いている方法です。

  • オートボディプリンターはデザインを何度も変えやすい
  • カッティングシートは長期的に利用する場合に向いている
  • 用途に合わせた方法を選ぼう

トラックに掲載するデザインのコツを伝授


トラックに掲載するデザインのコツを伝授
せっかくラッピングトラックを制作しても、人の目に留まりにくかったりPRしたい内容がわかりにくかったりしては意味がありません。ここでは、確実に宣伝効果を上げるためにどのようなデザインをすればいいのか、そのコツについて説明していきます。

わかりやすい

トラック広告のデザインは、一瞬で見て内容を理解できるようなわかりやすさが欠かせません。もちろんこれはすべてのデザインに共通することですが、立ち止まってゆっくりと見られるチラシなどと違い走りながら宣伝するトラックに掲載するため、よりわかりやすさが求められます。

まずは多くの人にインパクトを与えられるような写真やイラストを大きく配置し、何の宣伝をしたいのかが一瞬でわかるようにするのがポイントです。たとえば企業のPRなら企業名やロゴ、イベントなどのPRならイメージキャラクターや商品などを配置することですぐに理解できるデザインになります。

また、写真や画像を使用する場合は大きなトラックに印刷されても綺麗に見える、解像度の高いものを選ぶのがコツです。とくに飲食物や商品は美しさ、おいしさなどが伝わらなければ意味がないのでより鮮明な画像を選びましょう。

見やすい

見やすさもトラック広告には欠かせない要素の1つです。わかりやすいデザインに加え、走行していても読める文字のシンプルさを意識したデザインを心がけましょう。たとえば企業名やブランド名、また商品名など、何を一番伝えたいのかを意識してデザインすることが大切です。

また、見やすさをアップさせるポイントとして、揃える、まとめる、余白を取るというのも大切です。文字を入れる場合はできるだけ左揃えにしたほうが読みやすさがアップしますし、重要度が同程度の情報や画像などは大きさや場所をまとめるとスッキリします。

そして、たくさんの情報を詰め込みすぎて見やすさを損なわないために、ある程度余白をしっかりと取ることも忘れてはいけません。ごちゃごちゃした印象を避け、できるだけシンプルにしたほうが宣伝効果が上がりやすいということです。

ターゲットに合ったデザイン

どのような層に向けて宣伝をしたいのか、知ってもらいたいのかということもデザインに大きく関わってきます。10代~20代の若者向けの商品などであれば、ポップで目立つ色使いやデザインにすることで、興味を持ってもらいやすくなります。

シニア層に訴求したいのであれば、落ち着いた色使いとシンプルさ、そして大きくわかりやすいデザインにすることで受け入れられやすく、企業や商品の良さが伝わる確率がアップします。このように、誰に向けてどのようなイメージのPRをしたいのかを考えながらデザインを決めていきましょう。

  • できるだけわかりやすいデザインにすることが重要
  • 文字を入れる場合は見やすさにも注意
  • ターゲットによって色使いなども変えると効果的

ラッピングトラック完成までの流れ


ラッピングトラック完成までの流れ
よりわかりやすく宣伝効果の高いラッピングトラックが完成するまで、どのような手順を踏みながら進んでいくのでしょうか。打ち合わせから完成までの流れについてご紹介していきます。

打ち合わせ

まずは制作会社との打ち合わせをおこない、どのようなデザインにしたいのか、何を目的としているのか、どのようなプランがあるのかなどをしっかりと話し合いましょう。トラックの状況や車種なども打ち合わせの材料として必要な場合があるので、自社のトラックにラッピングする場合はその情報も持っていくとスムーズです。

また、細かいデザインの希望や完成させたい期日などがある場合も、必ず打ち合わせの際に伝えて認識の相違が生まれないようにしましょう。打ち合わせの内容を踏まえた上で、制作会社からプランの提案や見積りの提出をしてもらいます。

デザイン確定

見積もりの内容などに納得したら、その後デザインを作っていきます。既にデザインがある場合は、プリントするのに問題がないかなどをチェックしてもらいデザインを確定させましょう。デザインを制作会社に依頼する場合は、できるだけ細かい希望を伝えると希望に近いものを提案してもらえます。

細かいデザインなどをしていくと、始めにもらった見積りよりも料金が高くなる場合もあるので、予算に限りがあるのなら、妥協できる部分とそうでない部分を切り分けて依頼することが大切です。デザインが決まったらいよいよ施工に移ります。

施工

施工は車両の大きさなどによっても日数が変動します。見積りなどの際に完成までの日数もある程度はわかるはずなので、しっかりと確認しておきましょう。また、オートボディプリンターでのプリントなのか、カッティングシートでの施工なのかによっても日数は変わります。

オートボディプリンターのほうが比較的早い日数で施工可能な場合が多いので、急ぎの場合などは施工方法から選ぶのもおすすめです。

納車

すべてのプリントや貼り付けが終了したら、いよいよ納車となります。納車時は、デザイン通りに施工されているかどうか、プリントやシートの剥がれやキズ、浮きなどはないかなど細かくチェックしましょう。気になる部分があれば、その時点で制作会社に伝え、後々トラブルとならないようにすることが大切です。

  • 打ち合わせや見積もりで希望や要望を細かく伝えることが大切
  • デザインはより細かく伝えると希望に近くなりやすい
  • 納車時もチェックを怠らないようにしよう

東京にあるラッピングトラック制作会社の選び方


東京にあるラッピングトラック制作会社の選び方
最後に、東京でラッピングトラックを制作する場合の制作会社の選び方について見ていきましょう。後悔しないデザインや施工をしてもらうために、会社選びはとても重要なポイントです。

施工費用

できるだけ安い費用で施工してくれる会社を選びたいという企業や店舗の方も多いですが、安さだけを売りにしているような会社はできれば避けたほうが良いでしょう。費用ばかり安くても、適当な施工をされて完成度が低くなってしまえば意味がありません。

費用を抑えたいのであればカッティングシートを用いた施工ではなく、オートボディプリンターでの施工をおこなっている会社、またはそのプランを選ぶと比較的安くなるので見積りをとって比較し、最適なものを選んでください。

スタッフの専門性

しっかりとした知識や専門性を持っている制作会社を選ぶのは、綺麗で目を引くデザインや施工をするために欠かせないポイントです。施工の技術はもちろんですが、デザインをする上で効果的な広告を作るノウハウなどを持っている会社であればより安心です。

また、デザインなどによるメリットやデメリットなどをきちんと伝えてくれる会社も、安心して任せられると言えるでしょう。知識があるからこそ良い部分も悪い部分も熟知しており、最適な提案ができるのです。

施工日数

できるだけ早く納車してもらいたいなど施工日数に限りがあるのなら、スピード対応してくれる会社を選びましょう。デザインや車両の大きさ、また施工方法によっても日数は変わりますが比較的オートボディプリンターを採用している方が施工日数は短くなります。

打ち合わせの時点で納車の希望日を伝えておけばその日までに対応してくれる場合も多いですし、日数を提示してくれるはずなので確認してから契約しましょう。もちろん、施工日数が早ければ早いほどよい会社というわけではないので、知識や専門性も合わせて確認することが大切です。

施工実績

これまでどのような種類の車両に施工してきたか、どのくらいの数の施工をしてきたか、どのようなデザインをしたのかなど施工実績も会社選びで見落としてはいけないポイントです。しっかりとした実績がある会社は、公式サイトなどに施工事例などを載せている場合が多いので依頼する前にチェックしておくことをおすすめします。

また、その実績によって自分の求めているデザインや施工をおこなってくれるかについても、なんとなく掴めて来る場合があります。自社の大切な車両を預けるのですから、実績があり信頼できる会社を選ぶことに妥協してはいけません。

  • 安さや短納期を求めるならオートボディプリンターの会社がおすすめ
  • スタッフの知識や専門性もしっかりとチェックしよう
  • これまでの施工実績は会社選びに重要な要素

まとめ


コストを抑えながらも広く効果的な宣伝ができるラッピングトラックは、これから注目する会社もどんどん増えていくはずです。会社で車両を使っているのであれば、宣伝として使わない手はないので、ぜひラッピングトラックの導入を検討してみてください。

また、東京にはデザインから施工まで安心して任せられるラッピングトラック制作会社がたくさんあります。その中かから、どの会社が求めているデザインや施工をしてくれるのかしっかりと見極めて、よりクオリティの高いラッピングトラックを完成させ、企業や商品、またサービスなどのPRに活用してください。

東京都でおすすめのラッピングトラック制作業者ランキング比較表

TAKI CORPORATION(滝興運株式会社)
TAKI CORPORATION(滝興運株式会社)の画像
おすすめポイント
オートボディプリンターでのクリアで耐久性の高い施工
施工方法
オートボディプリンター
対応車両
コンテナ、2t車、4t車、大型車、キッチンカー、移動販売車 など
会社情報
住所:東京都葛飾区西新小岩4-9-31
TEL:03-3694-1711
もっと詳しく
YMG1
おすすめポイント
お客様の必要な情報をリサーチし、最適なアドバイス
施工方法
カッティングシート
対応車両
営業・配送車両、バス、ボート など
会社情報
住所:東京都墨田区両国2-12-2
TEL:03-3635-1266
もっと詳しく
星光商会
おすすめポイント
創業56年、3,000件以上の施工実績で安心!
施工方法
カッティングシート
対応車両
社用車・営業車、トラック、タクシー、特殊車両 など
会社情報
住所:東京都港区赤坂3-21-20 赤坂ロングビーチビル3階
TEL:03-3585-2300
もっと詳しく
デコラティブシステム
おすすめポイント
デザインから施工までワンストップ対応!
施工方法
カッティングシート
対応車両
営業者、トラック、バス など
会社情報
住所:東京都品川区西五反田7-17-3 五反田第2noteビル
TEL:03-6420-3345
もっと詳しく
プラン・エディターズ
おすすめポイント
施工実績は8,000台以上!プロの技術と確かな実績
施工方法
カッティングシート、グラフィックシート、3M™コントロールタック
対応車両
バス、地下鉄、社用車、ADトラック など
会社情報
住所:【東京オフィス】東京都中野区東中野5-11-8愛知県名古屋市北区水草町1-68-2
TEL:052-982-7051
もっと詳しく

記事一覧

投稿日 2022.09.15
カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの
続きを読む
投稿日 2022.08.15
近年、車のボディを保護するためにカーラッピングを施工することが増えてきました。さらに、広告目的や車の外観イメージを変えるために塗装ではなくカーラッピングを施すことも多いでしょう。そこで、今回
続きを読む
投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む
投稿日 2022.01.15
車にさまざまなデザインのフィルムを貼ることを、カーラッピングといいます。色を変えたり、柄を入れたりできるので、カーラッピングを行うことで世界にひとつだけの車が完成するともいえるでしょう。今回
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ラッピングフィルムは、塗装よりも手軽に行えることから、宣伝カーで取り入れられることが多いです。しかし、ラッピングは手軽にできるから剥がす時も簡単だろうと思っていると、大変なことになってしまう
続きを読む
投稿日 2021.10.4
近年、店舗を持たずにキッチンカーで営業しているケースも非常に多くなってきました。とくにコロナウイルス蔓延により、店舗運営が難しく、実店舗からキッチンカーにシフトしたケースも珍しくありません。
続きを読む
投稿日 2021.11.15
東京の街を走っているトラックを見ると、きれいに広告をラッピングしているトラックを見かけることがあります。こういった広告は、ラッピング制作を生業としている業者が作成しているのですが、効果はどう
続きを読む
投稿日 2021.10.15
車で走行していると、トラックに張り付けてあるイラストや画像に一瞬目を奪われることがあります。いわゆるラッピングトラックと呼ばれるものです。当ページでは、ラッピングトラックや事業者の種類につい
続きを読む
投稿日 2021.09.15
広告宣伝効果を見込めるアドトラックの活用は、少しずつ広がりを見せています。固定型と違って、さまざまな場所で宣伝できますから、上手に活用すれば、高い宣伝効果も期待できるでしょう。今回は、そんな
続きを読む
投稿日 2021.08.15
街中で会社やサービスの広告が一面に施されたトラックを見たことのある方も多いのではないでしょうか。「ラッピングトラック」と呼ばれる広告手法で、多くの企業がブランディングや広報に活用しています。
続きを読む
投稿日 2021.08.15
ラッピングトラックを施工する際、依頼してから施工が完了して納品されるまでにどれくらい期間がかかるのか、施工にかかる費用はどの程度なのか、事前に知っておくことで導入をスムーズに進めることができ
続きを読む
投稿日 2021.08.15
ラッピングトラックを導入する際、施工後どの程度運用できるのか耐久年数が気になる方も多いのではないでしょうか。ここではラッピングトラックを運用する際に役立つ、ラッピングに使用するフィルムの種類
続きを読む
投稿日 2021.08.1
ラッピングトラックを施工する際、どんな工程があるのかあらかじめ把握しておくことで、スムーズに運用をスタートできます。ラッピングトラックの施工完了までの具体的な工程や運用中のメンテナンスについ
続きを読む
投稿日 2021.08.1
企業の広告や映画やアーティストのライブ告知など、派手にデザインされたボディのトラックを見たことはありませんか?このようなトラックをラッピングトラック、またはアドトラッと呼びますが、名前が違う
続きを読む
投稿日 2021.08.1
近年、アドトラックは様々な業種の広告宣伝に利用されるようになりましたが、コストパフォーマンスが良いか悪いかは、その業種によっても異なるようです。つまり、アドトラックによる宣伝が向いている業種
続きを読む
投稿日 2021.08.1
宣伝効果が非常に高いアドトラックですが、内容や宣伝方法によっては消費者に歓迎されないこともあります。不快かそうでないかには個人差がありますが、最低限守らなければならない法律や条例もあるので、
続きを読む
投稿日 2021.07.15
近年、トラックのボディに直接プリントできる、世界初の日本製プリンターであるオートボディプリンターが開発されました。そのため、オートボディプリンターによる大型トラックのデザイン性の高いプリント
続きを読む
投稿日 2021.07.15
【詳細】 会社名:新成運輸株式会社 住所:三重県四日市市楠町北五味塚392-1 TEL:059-397-5935 新成運輸株式会社は物流を行う会社です。コラボトラックを使い観光資源のPRなど
続きを読む
投稿日 2021.07.15
【詳細】 店舗名:のらいも工房 住所:神奈川県川崎市宮前区東有馬3-15-4 TEL:044-820-6137※ご来店は完全予約制となっております。 のらいも工房は乗用車やバス、大型トラック
続きを読む
投稿日 2021.07.1
街中で企業名や商品ロゴが描かれたトラックや車を目にすることがありますね。走っていると、ついつい目を惹く車の装飾を『カーラッピング』といいます。現在では多くの企業が広告などPRに活用しています
続きを読む
投稿日 2021.07.1
荷台に広告がラッピングされたトラックを見かけたことがありますか。とても目立つので走っていると印象に残ります。広告が印刷されたトラックは「アドトラック」、「ラッピングトラック」と呼ばれています
続きを読む
投稿日 2021.07.1
走っているだけで宣伝効果が大きいのがラッピングトラック。しかし、ラッピングトラックがどのくらいのコストをかければ作ることができるか、あまり知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、ラ
続きを読む
投稿日 2021.07.1
昨今、注目を浴びているカーラッピングは企業の営業車などに施工することで高い宣伝効果を得ることができます。また、愛車のドレスアップを目的としたカーラッピングも増えています。欧米では、ボディーカ
続きを読む
投稿日 2021.06.15
街中でよく見かけるラッピングトラック。宣伝効果がとても高く、近年さまざまな企業がラッピングトラックの導入を進めているようです。しかし、どのような流れでラッピングトラックが作られるのか知られて
続きを読む
SEARCH

新着記事

投稿日 2022.09.15
カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの
続きを読む
投稿日 2022.08.15
近年、車のボディを保護するためにカーラッピングを施工することが増えてきました。さらに、広告目的や車の外観イメージを変えるために塗装ではなくカーラッピングを施すことも多いでしょう。そこで、今回
続きを読む
投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む
投稿日 2022.01.15
車にさまざまなデザインのフィルムを貼ることを、カーラッピングといいます。色を変えたり、柄を入れたりできるので、カーラッピングを行うことで世界にひとつだけの車が完成するともいえるでしょう。今回
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ラッピングフィルムは、塗装よりも手軽に行えることから、宣伝カーで取り入れられることが多いです。しかし、ラッピングは手軽にできるから剥がす時も簡単だろうと思っていると、大変なことになってしまう
続きを読む