東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

ラッピングトラックの効果とは?他の広告方法と比較

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/09/09

東京の街を走っているトラックを見ると、きれいに広告をラッピングしているトラックを見かけることがあります。こういった広告は、ラッピング制作を生業としている業者が作成しているのですが、効果はどうなのだろうと疑問を持っている方もいるでしょう。そこで、ラッピングトラックの効果を中心に他の広告方法との比較をしていきます。

ラッピングトラックの概要

ラッピングトラックとは、荷台を広告でラッピングしているトラックのことを指しています。広告宣伝カーと呼ばれるアドトラックは、音響設備や照明設備等、そして荷台の荷物の有無等の違いがあるものの、ラッピングトラックの一部です。

ラッピングトラックは、通常営業として荷物を運ぶトラックに広告を掲載し日夜走行しています。走っても、止まっていても宣伝広告になるラッピングトラックの活躍の場は、どんどん広がっています。企業PRはもちろんのこと、観光地や特産品のアピールなどさまざまな分野に広がりを見せています。

ラッピングトラックで期待できる効果

ラッピングトラックには、さまざまな効果が期待できます。トラックと一緒に広告が移動していくわけですから、人の目につくことは間違いありません。トラックならではの特徴が、広告の効果を上げています。

自社のトラックがそのまま広告になる

自社のトラックが、そのまま営業しながらでも広告になってしまいます。わざわざ屋外の広告などを探す必要はありません。広告を掲げているトラックは、一瞬目を奪われてしまいます。

とくに、大型トラックともなれば巨大広告が走行しているような状態なので、まったく見ない人はいないでしょう。つまり、通常の仕事をしながらも宣伝できるという効果が期待できるのです。

全国にPR活動ができる

トラックの業務の中には、地場と呼ばれる近距離を主体のトラックと、遠方への輸送をメインとした長距離があります。もし、長距離のトラックにラッピング広告を掲げたら、全国PRも可能でしょう。

走行中も、トラック運転手が高速道路のパーキングエリアで休憩しているときも宣伝になるでしょう。本業として、いつもの仕事(運送)をしているだけで、宣伝効果を得られる点は、まさに一石二鳥といえるでしょう。

さまざまなPRにつながる

ラッピングトラックは、観光、販促などのPRをできます。近年は、観光地や特産品などをラッピングしているトラックを多く見かけるようになりました。また、企業やブランドのPRにも活用できます。

屋外広告との違い

屋外広告には、さまざまな種類があります。たとえば、看板、張り紙、弾幕、懸垂幕などですが、ほとんどの場合、動かない固定型です。しかも一般的には有名な企業など万人向けが多い傾向になっています。

一方、ラッピングトラックは移動できます。トラックでの配送スケジュールと同じように移動できるのです。ここが他の広告方法との大きな違いです。

また、屋外広告のほとんどは、いつも同じ場所にあるため、最初は目に留まるかもしれませんが、次第に当たり前の存在になってしまいます。当たり前の存在となってしまえば、どんどん記憶から消えてしまうでしょう。

しかし、ラッピングトラックの場合は、移動できるので注目を集めやすいという特徴があります。トラックに興味がなかった方でも、ラッピングをしていれば、つい見てしまうという現象が期待できるのです。

広告費用が安い

すべての屋外広告と比べて安いとはいえませんが、現在注目されているデジタルサイネージに比べると非常に安価です。しかも、デジタルサイネージを含めたほとんどの屋外広告は、前項でご紹介したように固定型が一般的です。固定で高価に比べれば、走る広告塔のラッピングトラックの方が費用対効果に優れているといえるでしょう。

効果はどのように測定する?

屋外広告などの場合は、一般的には広告付近を通行する人数によって効果を計測しています。そして、その人数をもとに広告の金額を決めるケースがほとんどです。

しかし、ラッピングトラックの場合は、広告自体が移動するため、周辺を通行する人数を数え、効果を計測した上で、費用や料金を決めることは困難を極めます。そこで、ラッピングトラックの場合は、ラッピング後で効果を計測していきます。

たとえば、広告内に検索キーワードを載せるという方法です。検索キーワードを載せておけば、キーワードを使った検索数をラッピング前と後で比較することが可能になります。

実際、ラッピングトラックを運用し始めて、キーワードが検索される回数が増えたり、自社サイトへの流入が増えたりという現象が起きたら、効果が出ているという判断ができるようになります。

 

今回はラッピングトラックの効果や他の広告方法との違いについて解説してきました。広告方法としては、まだまだ新しい形かもしれませんが、広告を掲げたことによる効果は期待できそうです。東京には、ラッピングを得意としている業者がいくつもあります。ラッピングトラックにご興味があるようでしたら、ぜひ検討してみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.11.15
街中や大型ショッピングセンターなどで、ラッピングトラックを見かけられた方も多いのではないでしょうか。「どうやってラッピングしているの?」「広告掲載には規定はないの?」など、さまざまな疑問を持
続きを読む
投稿日 2022.10.15
東京でラッピンググトラック制作を検討している人は、トラックの美しさを長く保つためにも、手入れや扱いの注意点を知っておくと安心です。ラッピングトラックの手入れについて、洗車の際の注意点や、コー
続きを読む
投稿日 2022.09.15
カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの
続きを読む
投稿日 2022.08.15
近年、車のボディを保護するためにカーラッピングを施工することが増えてきました。さらに、広告目的や車の外観イメージを変えるために塗装ではなくカーラッピングを施すことも多いでしょう。そこで、今回
続きを読む
投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む