イメージダウンにも繋がる!条例違反をしないためには

公開日:2023/07/15  最終更新日:2023/06/30


街中を走るラッピングトラックはたくさんの人の目に留まるため、新たな広告手段として注目を集めています。しかし、たくさんの人の目に留まるため、条例に違反をしているとかえってイメージダウンになってしまう場合もあります。今回は、ラッピングトラックで条例違反しないために知っておきたい情報を紹介します。

違反しないために条例を確認しておく

ラッピングトラックは屋外広告物のため、都内を走るためには守らなければならない条例があります。違反しないためにもどのような条例があるのか確認しておきましょう。屋外広告物条例施行規則が改正された背景には、騒音をたてる車両や、公共の空間にそぐわない広告や車両が問題になったことがあげられます。

現在では、審査をクリアした車両しか都内を走ることを許されていません。屋外広告物条例はさまざまルールがあるため、ラッピングトラックを走らせるうえでポイントになるルールについて説明します。

なぜ条例があるのか

屋外広告物は屋外や人の目に触れる場所にある、看板、広告、建物への掲示などを指します。景観の維持や、目にする人が不快にならないように都道府県などが広告の条例を定めています。その中には広告を設置、表示してはいけない地域や建造物も指定されています。事前に確認しましょう。

広告の設置や表示の許可をとる際のチェックポイント

広告の設置や表示の許可をとる際には、どんなポイントに注意したらよいのでしょうか。

・交通安全に配慮したデザインか
・公共空間にふさわしいデザインか
・街区の景観に配慮したデザインか
・街区の賑わいにふさわしい、洗練されたデザインか
・すべての人々に不快感を与えないデザインか
・社会的弱者に配慮したデザインや広告方法であるか

以上の6点に気を付ける必要があります。車両のデザインを考える際にはこのポイントに注意しましょう。

音に対する規制

ラッピングトラックなど、広告を目的とした車両の中には音を流しながら、走る車両もあります。多くの人の注目を集められますが、騒音に対してのクレームも多く発生しています。各地方自治体が拡声器暴騒音規制条例を定めているため、音を流す車両を走行させたいと考えている場合は、条例を確認しましょう。

条例違反は企業のイメージダウンに繋がる

宣伝をしている商品やサービスがどんなによいものであっても、条例を違反した車両に広告が搭載されていればその商品や、サービスに対して悪いイメージを抱いてしまう原因になります。

そして、一度悪い印象を持たれてしまうと払拭が難しいため、車両のデザインの選び方はとても重要です。インパクトを残すことを第一に考え、公共の空間にふさわしくない派手なデザインにしてしまうと、不快感を抱く人がいます。静かな住宅街を走行する際なども派手なデザインは街の雰囲気を壊している感じてしまう人もいるでしょう。

その広告を出している企業や店舗に対して、悪いイメージを持ち続ける原因にもなるため、条例を守ることはとても大切です。多くの人の注目も集めているため走行時のマナーにも注意し、安全に走行しましょう。

条例を守れば宣伝効果が期待できる

印象に残ることを目的として、条例を守らなかったり、マナーに反する騒音をたてる車両に不快感を覚える人は多いですが、好感の持てるデザインであったり条例をしっかりと守っている車両であれば、低コストで高い宣伝効果を期待できます。

車両のデザインに好感を持った人がSNSに投稿をして、サービスや商品、イベントがより多くの人に広まったり、街を走行している車両に子どもが注目して、家族が広告のサービスや商品、イベントを認知したりする場合もあります。条例を守り、不快感を与えないデザインであることは、多くの人に広告の商品やサービスに好感を抱いて欲しい場合、とても重要でしょう。

また、走行時、駐車時のマナーが悪い場合もイメージダウンしてしまいます。注目を集める車両のため、運転手は良いマナーを心掛けましょう。良いマナーで走行していれば好感を得てもらったり、広告に対して良いイメージを持ってもらえるチャンスが増えるでしょう。

万が一、条例を違反している車両がSNSなどで拡散されてしまうと、広告元である企業や店舗の責任が問われてしまう場合もあります。条例の内容を細かく把握しきれていない場合や、どのようなデザインであれば宣伝効果があり条例を守れるかわからないという方も多いでしょう。

そのような場合は、ラッピングトラックに特化した専門の業者に相談することをおすすめします。条例やデザインについて、豊富な知識と経験を持ったスタッフが相談に乗ってくれるので安心でしょう。

まとめ

ラッピングトラックを制作する場合は、条例を守るのが大切とわかりました。騒音をたてる車両や、公共の空間にそぐわない広告や車両が問題になったため、屋外広告物条例施行規則が改正されたので、現在では審査をクリアした車両しか都内を走ることを許されていません。公共の空間にふさわしいデザインであるかなどが、審査をクリアするポイントです。

不快なデザインや、公共の場にふさわしくない車両の場合は、不快感を与えてイメージダウンになってしまう場合もあるので注意しましょう。好感の持てるデザインであったり、条例をしっかりと守っている車両であれば、低コストで高い宣伝効果を期待できます。どのようなデザインであれば宣伝効果があり条例を守れるかわからない場合は、ラッピングトラックに特化した専門の業者に相談をしてみましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.02.15
この記事では、カーラッピングの施工方法についてくわしく解説します。カーラッピングの手順とテクニックを紹介し、素晴らしい仕上がりにするためのコツをお伝えしましょう。これから自分でカーラッピング
続きを読む
投稿日 2024.01.15
キッチンカーをラッピングしたいと考えているなら、その費用について気になることでしょう。本記事では、キッチンカーのラッピングにかかる一般的な費用について詳しく解説します。さらに、ラッピングのメ
続きを読む
投稿日 2023.12.15
ラッピングトラックには高い宣伝効果が期待できますが、実は法的な規制が存在するのです。そこでこの記事では、ラッピングトラックに関わる法律について詳しく解説します。本文では、登録手続き、規制対象
続きを読む
投稿日 2023.11.15
広告キャンペーンやマーケティング活動で利用されるアドトラックですが、運転手の手配でいくつか気をつけるべきポイントがあります。ここでは、アドトラックの運行に必要なスキルや面接時に確認する内容、
続きを読む
投稿日 2023.10.15
今回の記事では、アドトラック購入を検討している人に向けて、中古での購入方法等について解説します。アドトラックを一度目にしたことがある人なら、その訴求効果の高さを実感しているのではないでしょう
続きを読む
投稿日 2023.09.15
アドトラックとは、広告宣伝するため専用のトラックのことです。アドトラックは、走っているだけで多くの方の注目を惹きつけられるので、企業にとって注目が高い宣伝方法といえます。街中でも一度はお目に
続きを読む
投稿日 2023.08.15
今回の記事では、誰もがいちどは目にしたことがあるであろう、ラッピングトラックの有意性について解説します。広告媒体として、すぐれた費用対効果をもった宣伝方式なので、自社でトラックを所持している
続きを読む
投稿日 2023.07.15
街中を走るラッピングトラックはたくさんの人の目に留まるため、新たな広告手段として注目を集めています。しかし、たくさんの人の目に留まるため、条例に違反をしているとかえってイメージダウンになって
続きを読む
投稿日 2023.06.15
アドトラックとは、トラックの荷台部分に大きな広告を設置して走行することで、通行人など多くの人にアピールする車両のことです。広告宣伝車とも、宣伝カーとも呼ばれます。本記事ではアドトラックの運行
続きを読む
投稿日 2023.05.15
痛車は俗語で、見ている人が恥ずかしい思いをする車という意味を持っています。自分の好きなキャラクターをデザインした車に乗ることで注目を集められます。国内ではイベントも開催されているので、ブーム
続きを読む