ラッピングトラックのラッピングフィルムが剥がれてしまう原因とは?

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/03/17


車のボディに施したラッピングフィルムが剥がれてしまうのには原因があります。施工業者の技術力や知識不足、強い力が加わる、青空駐車の3つです。これらの原因を回避することでフィルムを長持ちさせられます。こちらでより詳しく解説していくので、今後の参考にして充実したカーライフを送ってください。

施工業者の技術力や知識不足が原因

ラッピングフィルムの丁寧な施工と技術力の高さは、完成度に大きな影響をおよぼします。評判のよい業者に依頼することで失敗を防ぎましょう。

ムラができて剥がれる原因になる

車の形状は丸みを帯びているところがほとんどなので、施工業者の技術力が不足していると、それが剥がれの原因となってしまいます。剥がれないための取り組みとして、施工前から入念な準備を行うことが必要です。

とくに車のボディの洗浄をおろそかにしてしまうと、目ではっきり確認できないボディの汚れがラッピングしたときの盛り上がりにつながり、ムラができてしまいます。施工中の技術や知識も高いレベルのものを求められていますが、丁寧な施工も同じくらい大切です。

自分で施工しない

できる限り費用を抑えようとして自分で施工しようと考える人がいますが、技術に自信がない人にはおすすめできません。施工業者でも苦手な人がいるので、一般の人が施工するのは難しいでしょう。施工業者に依頼するときは、業者選びを間違えないようにしてください。

評判のよい業者を見つけるために、インターネットのクチコミや評価を確認しましょう。また、実際にサービスを利用したことがある人に話を聞いてみるのもおすすめです。ユーザー目線の情報がリアルに手に入るので参考になるでしょう。

洗車で強い刺激が加わることが原因

洗車はできる限り手洗いがおすすめです。強い力を加えて洗うのはおすすめできません。洗車機を使用しても問題ないかどうかは確認してください。

強い力でダメージを受けてしまう

ある程度の力であれば問題ありませんが、強い力が加わるとフィルムなので剥がれる原因になってしまいます。1か所ダメージを受けると、そこから空気が侵入して剥がれてしまうのです。事故で車のボディを傷つけてしまったときであれば、すぐに剥がれる原因を究明できますが、車を運転していて思い当たる節がないときは、洗車が原因となっていることが考えられます。

洗車道具を見直しましょう。ガソリンスタンドやセルフ洗車機のような場所で洗車する回数を減らすことも効果的です。高圧洗浄機は汚れを落とせますが、確実にラッピングにダメージを与えます。

スポンジで優しく洗う

車を日頃から大切にしている人は、ガソリンスタンドやセルフ洗車機のような場所で洗車したくなるでしょう。しかし、汚れは落とせますがラッピングにダメージが残ります。そこで、車のボディを保護するためにスポンジを使用しましょう。手で優しく洗うようにします。

また、どうしても洗車機で車の汚れを落としたい人は、施工業者に相談すると解決する場合があります。丈夫なフィルムを選定してもらうと洗車機でも問題ない場合があるからです。ただし、そのぶん費用が高額になることが考えられるので、予算の範囲内で施工できるものを選択してください。

青空駐車をしていることが原因

紫外線を毎日浴びているとフィルムの剥がれの原因となります。また、紫外線によるダメージだけではなく、小石、砂、鳥のフンなども剥がれの原因です。汚れを確認したら薄い布などで取り除くようにします。

そして、できる限り車を覆うカバーを取り付けるようにしましょう。ガレージがある人はガレージに駐車するようにしてください。

ラッピングフィルムが剥がれてしまったときの対処法

慌てずに落ち着いて対処するようにします。技術力がある人は自分で対処できますが、自信がない人や道具が揃っていない人は施工業者に依頼しましょう。

施工業者に依頼する

自分で修理しようと考える人がいますが、車のボディとフィルムの間に空気が侵入するので、ますます剥がすのが難しくなります。そのため、あまりおすすめできません。剥がすときも技術と道具が必要なので、これ以上状態を悪化させないために施工業者に依頼しましょう。

修理日数は業者により異なりますが、極力車のボディを傷つけることなく施工してくれるので、安心してサービスを利用できます。また、剥がれを確認したときは、できる限り早く修理を依頼しましょう。傷が深くなる前に修理することで、修理費用も抑えられるメリットがあります。

まとめ

インターネットで調べると、自分でフィルムを貼る方法やフィルムを剥がす方法が紹介されています。必要な道具があれば自分でもできるようになっていますが、技術力が不足しているとリスクが高いのは事実です。また、自分で施工して車のボディに傷や跡が付いてしまった場合は、それを修理するための費用が発生します。以上のことから自分で取り組むのは避けたほうがよいでしょう。フィルムを長持ちさせるためには、フィルムが剥がれる原因とならないようにすることが大切です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.05.15
アドトラックは広告キャンペーンにおいて強力なツールとして利用されますが、その制作にはコストがかかります。この記事では、アドトラックの制作コストの内訳や、費用相場、予算管理のポイントについてく ・・・
続きを読む
投稿日 2024.04.15
アドトラックを活用した宣伝戦略を検討する飲食店経営者は、少なくないのではないでしょうか?アドトラックは移動する広告媒体として注目され、飲食店の集客やブランドプロモーションに効果的な手段として ・・・
続きを読む
投稿日 2024.03.15
この記事では、アドトラックを活用して、ROIを最適化する方法についてくわしく解説します。アドトラック広告は効果的なマーケティング手法のひとつであり、正しい戦略を採用すれば、投資対効果の向上が ・・・
続きを読む
投稿日 2024.02.15
この記事では、カーラッピングの施工方法についてくわしく解説します。カーラッピングの手順とテクニックを紹介し、素晴らしい仕上がりにするためのコツをお伝えしましょう。これから自分でカーラッピング ・・・
続きを読む
投稿日 2024.01.15
キッチンカーをラッピングしたいと考えているなら、その費用について気になることでしょう。本記事では、キッチンカーのラッピングにかかる一般的な費用について詳しく解説します。さらに、ラッピングのメ ・・・
続きを読む
投稿日 2023.12.15
ラッピングトラックには高い宣伝効果が期待できますが、実は法的な規制が存在するのです。そこでこの記事では、ラッピングトラックに関わる法律について詳しく解説します。本文では、登録手続き、規制対象 ・・・
続きを読む
投稿日 2023.11.15
広告キャンペーンやマーケティング活動で利用されるアドトラックですが、運転手の手配でいくつか気をつけるべきポイントがあります。ここでは、アドトラックの運行に必要なスキルや面接時に確認する内容、 ・・・
続きを読む
投稿日 2023.10.15
今回の記事では、アドトラック購入を検討している人に向けて、中古での購入方法等について解説します。アドトラックを一度目にしたことがある人なら、その訴求効果の高さを実感しているのではないでしょう ・・・
続きを読む
投稿日 2023.09.15
アドトラックとは、広告宣伝するため専用のトラックのことです。アドトラックは、走っているだけで多くの方の注目を惹きつけられるので、企業にとって注目が高い宣伝方法といえます。街中でも一度はお目に ・・・
続きを読む
投稿日 2023.08.15
今回の記事では、誰もがいちどは目にしたことがあるであろう、ラッピングトラックの有意性について解説します。広告媒体として、すぐれた費用対効果をもった宣伝方式なので、自社でトラックを所持している ・・・
続きを読む