東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

カーマーキングとは?カーラッピングとの違いや施工の流れをご紹介!

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/11/21


カーマーキング、カーラッピングという言葉を知っているでしょうか?一見、何のことかわかりませんよね。カーと呼ぶので車かなと想像はできますが、マーキングやラッピングという言葉からは、車を飾るのかなという想像しかできません。今後、目にする機会や、自分が使うかもしれない、カーマーキングとカーラッピングについてみていきます。

カーマーキングとは

こんな車を見たことはありませんか?車体に大きく社名や、ロゴ、写真などが貼ってある車です。みなさん、何かしら見ているのではないでしょうか。このようなデザインを車に貼る方法をカーマーキングと言います。カーマーキングは、社名の表示や、商品の広告、イベントの告知などに使用されています。

カーマーキングは、車体の一部にステッカーを貼ることで完成するので、簡単に宣伝できます。普段、車道を走っている車は、ボディカラーは違いますが、無地なため、すごく目立つということはありません。しかし、このカーマーキングをするだけで、同じ車を運転するドライバーや、歩道を歩いている人など、さまざまな年代や、職業の人にアピールできるのです。また、カーマーキングは、ステッカーなので、はがすこともできます。

はがすという特徴をいかし、期間限定商品や、期間限定のイベントなど、期間が決められており、期間終了後は変更できるというメリットも含めて注目されている広告方法です。また、車全体をカラーリングするわけでもなく、一部だけという点からしても、費用が莫大になることを防げるので、手軽に手を出しやすい方法といえます。

カーラッピングとの違い

カーマーキングと似た言葉で、カーラッピングという言葉があります。カーラッピングは、その名の通り、車をラッピングする方法になります。使用したい広告やデザインをシート状にし、車全体をおおう方法になります。カーマーキングの場合は一部ですが、カーラッピングは全体なので、目立ちやすさはカーラッピングの方が高いといえます。しかし、シートの大きさが大きくなるので、その分、費用がかかります。

また、はがしたいと思った時にはがすことはなかなか難しいので、着脱の観点からみても不便な点はあります。しかし、イベントなどでとにかく目立つ必要がある場合や、とにかく商品アピールをしたい場合には、カーラッピングを検討するのもありでしょう。

カーマーキングの施工内容

カーマーキングは3つの施工方法に分けられます。費用や特徴が違うので、自分に合った方法を見つけましょう。

カッティングシート

カッティングシートは3つの種類の中で、一番手軽で一番安く入手できます。小さく切り取られたシートを貼る方法になります。シートには接着剤がついているので、そのまま貼ることができます。カッティングシートは伸び縮みすることがないので、そのままのデザインを車体にうつすことができ、初心者にも取り入れやすい方法です。

インクジェット

インクジェットタイプでは、白地や透明のステッカーにインクジェットでデザインを印刷する方法になります。インクジェットを使用するので、複雑なカラーや、グラデーション、写真、風景など、単色では難しいデザインの表現にむいています。また、切り抜きも可能なので、車体に合わせたデザインが可能です。

コントロールタック

コントロールタックは、フィルムの粘着面に溝があり、空気を逃がしてくれる構造になっています。この構造のおかげで、フィルムがシワになりにくく、貼るのが難しい箇所や、きれいさに関しては3つの中で一番高くなっています。しかし、きれいに貼れる分、価格も3つの中で一番高くなっており、仕上がりか価格かで選択するシートが変わってきます。

カーマーキングの施工の流れ

カーマーキングを行う場合は、まず、ステッカーにしたいデザインや文字、写真などを決めます。内容が決まったら、製作会社に依頼をします。制作会社によって特徴や金額は異なるので、自分の希望に合う会社に依頼をします。依頼をすると、製作会社がデザインを元に作成をします。ステッカーが完成すると、車の下地処理を行います。下地処理では、車体の汚れを念入りに落とします。

このとき、下地処理が不充分だと、はがれる原因や、きれいに貼れないなどの不具合がでてきてしまいます。下地処理を終えると、いよいよ貼り付けになります。熟練のプロが慎重にシートを貼り付けていきます。貼り付けが終われば完成です。プロが貼り付けを行うことで、誰が見ても美しいステッカーが完成します。

まとめ

カーマーキングとカーラッピングは、車体をどこまでデザインするかによって変わってきます。カーマーキングは車体の一部分、カーラッピングは車体全体になります。どちらの方法も、宣伝効果が高く、取り入れる企業が増えています。カーマーキングには、3つの方法があり、自分が目指すデザインや、費用によって選ぶことが可能です。施工方法も簡単で、プロが行う施工は、熟練の技が光る素晴らしいでき栄えです。手軽に始めることができるカーマーキング、高い宣伝効果を狙って活用してみるのもいいかもしれません。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2023.01.15
自分のトラックに好きなアニメキャラやゲームキャラをラッピングしたいけれど、著作権に違反しないか心配という方もいるでしょう。実際に著作権に引っかかると10年以下の懲役または1,000万円以下の
続きを読む
投稿日 2022.12.15
カーマーキング、カーラッピングという言葉を知っているでしょうか?一見、何のことかわかりませんよね。カーと呼ぶので車かなと想像はできますが、マーキングやラッピングという言葉からは、車を飾るのか
続きを読む
投稿日 2022.11.15
街中や大型ショッピングセンターなどで、ラッピングトラックを見かけられた方も多いのではないでしょうか。「どうやってラッピングしているの?」「広告掲載には規定はないの?」など、さまざまな疑問を持
続きを読む
投稿日 2022.10.15
東京でラッピンググトラック制作を検討している人は、トラックの美しさを長く保つためにも、手入れや扱いの注意点を知っておくと安心です。ラッピングトラックの手入れについて、洗車の際の注意点や、コー
続きを読む
投稿日 2022.09.15
カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの
続きを読む
投稿日 2022.08.15
近年、車のボディを保護するためにカーラッピングを施工することが増えてきました。さらに、広告目的や車の外観イメージを変えるために塗装ではなくカーラッピングを施すことも多いでしょう。そこで、今回
続きを読む
投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む