東京で評判のラッピングトラック制作業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

カーラッピングを長持ちさせたい!耐用年数を左右するポイントとは

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/14


カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの一般的な耐用年数や長持ちさせるためのポイントについて解説します。ぜひ参考にしてください。

ラッピングフィルムの耐久年数は約2~3年

カーラッピングの耐久年数は2年~3年ほどといわれています。もちろん、シートの種類や使用環境によって異なるものの、一般的によく使用されるシートで2~3年ほどしか耐久性がありません。しかし、あくまでも保管状態がよい場合において、2~3年の耐久性があるのです。たとえば、紫外線や雨が当たらない屋内保管であれば、耐久年数は長くなるでしょう。しかし、紫外線を受ける環境や雨が当たる場所で保管している場合は2~3年ももたないことも少なくありません。

とくに気温が高くなる夏は、フィルムに大きなダメージを与えてしまいます。いくら高耐久フィルムであったとしても、紫外線の強さによってどんどん劣化していってしまうのです。また、ボディ側は鉄でできているので、熱を溜めやすい構造になっています。そのため、外からの紫外線と内からの熱によって、フィルムが劣化してしまいます。

経年劣化するとどのような状態になるのか

ラッピングが経年によって劣化してくると、表面にヒビが入ってしまうことがあります。さらにプリントされた色が抜けてきたり、角が剥がれてしまったりすることもあるでしょう。一般的なカーラッピングは塗装よりも施工時間が短く、さまざまなデザインを再現できるというメリットはあるものの、どうしても耐久性については塗装よりも劣ってしまいます。

また、ラッピングシートが経年劣化することによって、シート表面の退色や剥がれが起きるほか、ボディ面にも重大な影響を及ぼしてしまう可能性があります。通常、ラッピングシートの裏面にはノリ(接着剤)とエア抜き溝がついています。しかし、経年劣化によってノリ面が軟弱化していき、ボディ面にノリが移ってしまう危険性もあります。

とくに注意しなければならないのがラッピングシートを剥がすときです。経年劣化したシートを剥がすと、場合によってはノリがボディ面に残ってしまい、最悪の場合、クリア塗装が剥がれてしまうことがあります。また、劣化の状態によってはクリア部分のみならず、塗装面も剥がれてしまうことがあるので、細心の注意が必要になるでしょう。

ラッピングフィルムをできるだけ長く保つには

ラッピングフィルムを長持ちさせるには、こまめなメンテナンスが必要です。というのも、フィルムは塗装に比べると汚れや紫外線に弱いので、汚れたまま放置していると、どんどん劣化が進んでしまいます。とくに虫の死骸や鳥の糞を付着したままにしておくと、フィルムにシミができてしまって洗車では取れなくなってしまうのです。

そのほか、紫外線対策も必要といえるでしょう。青空駐車場の場合、一日を通して紫外線を浴びている時間が長くなってしまいます。その分、フィルム自体はどんどん劣化しているので、可能であれば保管場所を変えるなどの対策を取ったほうがよいでしょう。さらに、酸性雨もフィルム表面に悪影響を及ぼしてしまうので、雨のあとは綺麗に表面を洗い流し、メンテナンスすることが大切です。

ただ、駐車場所を変えたり、雨が降る度に洗車したりするのは、現実的ではないでしょう。そこで、おすすめなのがコーティングです。最近はフィルムの上からコーティングできるものもあるので、カーラッピングを長持ちさせたい方は、コーティングは必須といえるでしょう。そもそも、コーティングというのは表面にガラス被膜をつくることで、汚れをつきにくくするというものです。コーティングを施工することで、フィルムの上に被膜ができて、汚れやほこりが直接フィルムに当たらなくなります。

ただし、注意しておきたいのはフィルムの種類です。コーティングを施工すると、どうしても光沢感が出てしまうので、マット系のフィルムには適さない、というデメリットがあります。また、デザインや色味によっては、コーティングを施工することで、見え方が変わる場合もあるので、施工の際は専門業者に相談したほうがよいでしょう。しかし、最近はマット系や複雑なデザインにもコーティングできる専用材が開発されています。特殊なコーティング材なので、取り扱っているところは少ないものの、どうしてもカーラッピングの耐久性を上げたいという方は、コーティングを検討してはいかがでしょうか。

まとめ

カーラッピングの一般的な耐用年数は2~3年ほどといわれています。しかし、せっかく高いお金を払ってラッピングするのに、もったいないと思われる方も多いでしょう。カーラッピングを長持ちさせるにはこまめな洗車やメンテナンスが必要です。また、最近はフィルムにも対応したコーティングがあるので、コーティングを施工することで、耐久性を向上させられるでしょう。カーラッピングを検討している方はぜひ参考にしてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.09.15
カーラッピングを施すことで、気軽に外観色やイメージを変えられます。しかし「耐用年数が短いのでは?」「すぐに剥がれてしまうのかな?」と心配になる方もいるでしょう。そこで今回は、カーラッピングの
続きを読む
投稿日 2022.08.15
近年、車のボディを保護するためにカーラッピングを施工することが増えてきました。さらに、広告目的や車の外観イメージを変えるために塗装ではなくカーラッピングを施すことも多いでしょう。そこで、今回
続きを読む
投稿日 2022.07.15
カーラッピングが剥がれてしまうと慌ててしまうかもしれませんが、適切な処置をすることで時間と出費を抑えられます。ここでは、傷がフィルムのみの場合とボディの補修が必要な場合に分けて紹介します。ま
続きを読む
投稿日 2022.06.15
カーラッピングは、自分だけの車を演出できるので、新車購入時に挑戦したいと思っている人も多いでしょう。経年車でもカーラッピングを楽しめますが、新車の場合と比較するとリスクが高くなります。今回は
続きを読む
投稿日 2022.05.15
せっかくトラックで走るなら、加工して宣伝したいと考えている方も多いのではないでしょうか。トラックに加工する方法として、ラッピングと全塗装の選択肢が挙げられるでしょう。しかし、加工方法や素材が
続きを読む
投稿日 2022.04.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。しかし、レンタルしている、またはリース契約しているトラックではラッピングできないと考えている方も多いのではないでし
続きを読む
投稿日 2022.03.15
ラッピングトラックは、ただ目立つだけでなく、広告としての役割を担っています。ラッピングトラックは、施工面積が大きい分、個人で制作しようとすると失敗する可能性が高いです。そこで本記事では、ラッ
続きを読む
投稿日 2022.02.15
カーラッピングを行う際に、カッティングシートを使うのか、ラッピングフィルムを使うのか悩んでしまう人もいるでしょう。似たようなものと混同されがちですが、実は両者は異なります。今回の記事では、カ
続きを読む
投稿日 2022.01.15
車にさまざまなデザインのフィルムを貼ることを、カーラッピングといいます。色を変えたり、柄を入れたりできるので、カーラッピングを行うことで世界にひとつだけの車が完成するともいえるでしょう。今回
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ラッピングフィルムは、塗装よりも手軽に行えることから、宣伝カーで取り入れられることが多いです。しかし、ラッピングは手軽にできるから剥がす時も簡単だろうと思っていると、大変なことになってしまう
続きを読む